物損の慰謝料はない

車1

交通事故の慰謝料はどのようなケースにおいても適用されるわけではありません。たとえば物損事故は基本的に慰謝料は発生しないです。物損事故というのは物損しか発生しない場合の事故のことです。たとえば車が壊れただけで、人はケガをしなかった場合に当てはまります。

逆に人がケガをしたならば、それは人身事故となります。慰謝料は基本的に人身事故にしか適用されないため、交通事故が人身事故と物損事故のどちらに適用されるのかはとても重要なポイントとなるでしょう。

そもそも慰謝料というのは精神的な苦痛に対する賠償金という意味合いがあります。したがって、交通事故にあってケガをしたならば、それは精神的に大きなショックを受けることになるため、慰謝料の請求が認められるのです。

しかし、物損事故については被害者はケガをしておらず、たとえば車が壊れただけというケースがあります。これは慰謝料が発生するほど精神的なショックを受けていないと考えられるため、慰謝料が発生しないのです。たとえそれが大切な車だったとしても同じです。

ただし、ペットが問題となるケースがあります。

ペットは法的には物として扱われています。そのため、ペットがケガをしたり、死亡しても慰謝料が発生しないかというと、これはケースバイケースです。

弁護士に相談をしてみましょう。