交通事故被害では慰謝料を請求できる

交通事故の慰謝料の種類についてご説明します
未分類

入通院慰謝料

交通事故の被害によって請求できる慰謝料の1つに入院通院慰謝料があります。こちらは交通事故によってケガをしてしまった際に、それに対する慰謝料となっています。入院や通院に対する慰謝料といえるでしょう。傷害慰謝料と呼ばれることもあります。

入通院慰謝料交通事故によってケガをしてしまったならば、病院を利用することになります。重いケガをしたならばしばらく入院していることになるでしょう。また、軽いケガだったとしても、何度も病院に通わなければいけなくなります。これは精神的に大きなストレスとなるでしょう。そこで、入通院慰謝料というものを請求することができるのです。

また、こちらは症状固定前のケガに対するものです。症状固定というのは、交通事故によってケガをしてしまった場合に、その症状が固定されることです。それ以上改善されることがないような状態となったならば、症状は固定されたと判断されるのです。そして、このときまでに支払われる慰謝料が入通院慰謝料となります。

したがって、たとえケガをしたとしても病院を利用しなかったならば慰謝料を請求することができません。そのため、どんなに小さなケガだったとしても、必ず病院で医師の診察を受けるようにするべきです。


関連記事

  1. 交通事故と慰謝料請求
  2. 後遺障害の慰謝料
  3. 物損の慰謝料はない