未分類

物損の慰謝料はない

物損事故交通事故の慰謝料はどのようなケースにおいても適用されるわけではありません。たとえば物損事故は基本的に慰謝料は発生しないです。物損事故というのは物損しか発生しない場合の事故のことです。たとえば車が壊れただけで、人はケガをしなかった場合に当てはまります。逆に人がケガをしたならば、それは人身事故となります。慰謝料は基本的に人身事故にしか適用されないため、交通事故が人身事故と物損事故のどちらに適用されるのかはとても重要なポイントとなるでしょう。

そもそも慰謝料というのは精神的な苦痛に対する賠償金という意味合いがあります。したがって、交通事故にあってケガをしたならば、それは精神的に大きなショックを受けることになるため、慰謝料の請求が認められるのです。しかし、物損事故については被害者はケガをしておらず、たとえば車が壊れただけというケースがあります。これは慰謝料が発生するほど精神的なショックを受けていないと考えられるため、慰謝料が発生しないのです。たとえそれが大切な車だったとしても同じです。

ただし、ペットが問題となるケースがあります。ペットは法的には物として扱われています。そのため、ペットがケガをしたり、死亡しても慰謝料が発生しないかというと、これはケースバイケースです。弁護士に相談をしてみましょう。


関連記事

  1. 交通事故と慰謝料請求
  2. 入通院慰謝料
  3. 後遺障害の慰謝料
未分類

後遺障害の慰謝料

交通事故でケガをしてその結果後遺症が残ってしまうことがあります。これは後遺障害と呼ばれるものであり、こちらに対する慰謝料を請求することができます。後遺症を抱えてこれから生きていかなければいけないのです。これは本人にとってはかなりの精神的なショックを受ける出来事といえるでしょう。そのため他の慰謝料と比較しても高額なお金を請求できるケースが多いです。

後遺障害この後遺障害による慰謝料については等級によってその金額が決まっています。これは、後遺症の慰謝料について、ここのケースに応じて慰謝料を算出するのは大変だからです。そのため、慰謝料の目安がそれぞれの等級ごとに定められています。全部で14の等級が存在しています。さまざまな部分の後遺症について、14の等級が設定されており、それぞれどのくらいの慰謝料を請求できるのか目安もあるのです。

したがって、交通事故の後遺障害の慰謝料については、より上の等級を得ることが大切です。このためにはしっかりと対策をしておかなければいけません。そのためには弁護士に相談をすると良いでしょう。もし交通事故の結果として後遺症が残ってしまったならば、弁護士に相談することで高額な交通事故慰謝料を請求できる可能性が高くなるでしょう。


関連記事

  1. 交通事故と慰謝料請求
  2. 入通院慰謝料
  3. 物損の慰謝料はない
未分類

入通院慰謝料

交通事故の被害によって請求できる慰謝料の1つに入院通院慰謝料があります。こちらは交通事故によってケガをしてしまった際に、それに対する慰謝料となっています。入院や通院に対する慰謝料といえるでしょう。傷害慰謝料と呼ばれることもあります。

入通院慰謝料交通事故によってケガをしてしまったならば、病院を利用することになります。重いケガをしたならばしばらく入院していることになるでしょう。また、軽いケガだったとしても、何度も病院に通わなければいけなくなります。これは精神的に大きなストレスとなるでしょう。そこで、入通院慰謝料というものを請求することができるのです。

また、こちらは症状固定前のケガに対するものです。症状固定というのは、交通事故によってケガをしてしまった場合に、その症状が固定されることです。それ以上改善されることがないような状態となったならば、症状は固定されたと判断されるのです。そして、このときまでに支払われる慰謝料が入通院慰謝料となります。

したがって、たとえケガをしたとしても病院を利用しなかったならば慰謝料を請求することができません。そのため、どんなに小さなケガだったとしても、必ず病院で医師の診察を受けるようにするべきです。


関連記事

  1. 交通事故と慰謝料請求
  2. 後遺障害の慰謝料
  3. 物損の慰謝料はない
未分類

交通事故と慰謝料請求

交通事故はとても怖いものです。自動車と衝突してしまうと、大きなケガをしてしまったり、最悪の場合は死亡してしまうことがあるからです。たとえこちらが車に乗っている状態だったとしても、他の車と衝突してしまえば大きな被害が生じてしまう可能性があるでしょう。単に車が損壊するだけではなくて、小さなケガをすることもあれば、後遺症が残ってしまうこともあるのです。

慰謝料交通事故というのは毎年かなりの数が起きています。交通事故によって死亡している方は数千人います。小さなケガを含めるとかなりの数が交通事故の被害で苦しめられているのです。この場合は交通事故被害に関する慰謝料を請求することができるでしょう。慰謝料というのは精神的な苦痛に対して支払われるものです。交通事故にあったというのはとてもショックなできごとでしょう。それが精神に与える影響というのはとても大きいのです。そのため、慰謝料を請求する権利が認められているのです。

それでは具体的にどのような慰謝料を請求できるのでしょうか。実は交通事故の慰謝料にはさまざまな種類があります。その違いを理解しておきましょう。どのような被害を受けたのかによって、複数の慰謝料を請求できるケースもあるのです。こちらは交通事故の被害を受けた方がどのような慰謝料を請求できるのかまとめています。万が一交通事故に巻き込まれてしまったときのための参考にしてください。分かりやすい情報を提供しましょう。役に立つ情報を分かりやすく提供します。


関連記事

  1. 入通院慰謝料
  2. 後遺障害の慰謝料
  3. 物損の慰謝料はない